薬剤師の時給

薬剤師の時給

 

国家資格が必要となる薬剤師は、給与が高く維持されていることで知られています。

 

医師や看護師とともに医療の専門職としてプロフェッショナルが要求される薬剤師は、あらゆる医療現場で必要であり、とくに売り手市場であるため求人も多いことが高い給料として反映されていると言えるでしょう。

 

一概にはまとめられませんが、おおよそ薬剤師の平均時給は少なくとも2000円前後から、高ければ3000円以上といったところが主流です。
とくに、ドラッグストアは常駐の薬剤師が求められるにもかかわらず人材の不足が顕著であること、またシフト制だったり深夜まで営業しているチェーンストアも多いため総じて時給が高めとなっています。

 

ドラッグストアの例でわかるように、薬剤師の時給は、どういった職場で働いているのかによっても違ってきます。
たとえば病院勤務の薬剤師であっても、国公立の病院と民間の病院とでは待遇その他時給面でも差が生まれます。とくに、規模の大きい民間病院であれば、町の小規模なクリニックより時給が高い状況となっています。

 

また、薬剤師としての働き方でも時給に差が生まれます。ドラッグストアで一般の社員と同じように販売や発注にも関わるのであれば、時給は高くなりますし、調剤薬局でも正社員か派遣、パートかの違いで、仕事内容そのものはほとんど変わりがなくても、時給の差別化が見受けられます。

 

とくに、正社員として薬剤師の現場に復帰したい場合、もっとも求人数が多いのが、ドラッグストアや調剤薬局への転職です。
両方ともフルタイムでのワークスタイルとなりますし、シフト制の導入されているケースが多いため、前述した2000円から3000円前後の時給が一つの目安となります。

 

もちろん、正社員ではなくパートや派遣で働きたいというケースでも、時給の相場という点では大きな差はなく、育児や家事などと相談しながら時間勤務をしてもある程度の収入は確保できるでしょう。