薬剤師の勤務形態

薬剤師の勤務形態(正社員、派遣、パートなど)

 

■正社員
薬剤師として働く場合、メジャーな勤務形態が正社員による雇用です。

 

薬剤師といえば、街角にあるドラッグストアや病院の近くにある調剤薬局で働く姿を思い浮かべますすが、就職難の時代にあっても、正社員での求人が多く見られます。
とくに、ドラッグストアや調剤薬局は営業の長期化が進んでいます。
登録販売者がいない限りは、薬剤師が勤務していなければ販売できない医薬品もあるため、ドラッグストアや調剤薬局の運営側も正社員として働ける人材を特に募集しています。

 

現在、正社員として薬剤師が働けるチャンスはとても広がっており、積極的に就職活動すれば、安定した仕事を手に入れることができます。
正社員としての働き方のメリットは、雇用が安定していることや、休暇制度や各種手当といった福利厚生が充実しています。また、派遣やパートでの勤務と違って昇級や昇進の可能性もあり、ボーナスの支給が受けられます。
さらに、正社員としての一定期間勤務を続ければ、社会的な信用も増しその後もし転職したいときも有利になります。

 

 

■派遣
派遣社員の自由化が進んで以降、薬剤師として働く時にも派遣を選択する人が増えています。

 

採用する側も、薬剤師不足の現状の中、正社員の薬剤師のシフトを埋められる存在として、派遣社員の活用を積極的に行っています。
派遣社員の場合、ドラッグストアや調剤薬局を経営する会社と直接雇用契約を結ぶのではなく、派遣会社を通して人材が必要な企業に出向いて働きます。雇用契約は派遣会社と結び、実際の業務上の指示は、派遣先の企業から受けることになります。

 

派遣社員として働くと、勤務時間や曜日をこちらの都合に合わせた条件で設定しやすいのが最大のメリットです。
残業は発生しにくく、もし早出や残業が必要な場合もきちんと手当が支給されます。
また、パートに比べて一般的に時給が高額である傾向が強くなっています。

 

 

 

■パート
派遣よりもさらに自由度が高いのがパートとして働く方法です。
時間単位で勤務できるといったフリースタイルのワークライフが実現できる一方、給与面で正社員や派遣よりは不利になる傾向があります。