最近、ヨーグルトメーカーにはまってます!

私のなかで、最近のヒット家電製品と言うのが、ヨーグルトメーカー

  • 近くのスーパーなどで販売されているヨーグルトが、自宅で簡単に作れる。
  • ヨーグルト以外にも、納豆・甘酒・塩麹などが作れる。
  • 販売価格:3,000円~4,000円とお手頃価格。

というのが主な理由ですが、実際にヨーグルトメーカーを購入してヨーグルトを作ってみました。

お蔭で、最近はヨーグルト三昧。お腹の調子も良いようで、これで3,000円とは正直驚いています。

 

購入のきっかけ

正直、つい最近まで、こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

ヨーグルトメーカーの存在を知ったのは、約1ヶ月前のこと。長崎の実家に帰った時に、台所の目につくところにそのヨーグルトメーカーが置いてあったのです。

以下、姉との会話です。

これ、何?

ヨーグルトメーカーよ!

何が嬉しいの?

 

スーパーで売っているようないろんなヨーグルトが、自宅でも簡単に作れるの!

ふーん。なんで買ったの?

 

孫のリューがひどい便秘で、ヨーグルトを作ってそれにオリゴ糖をかけて食べさせてあげようと思って。

その後、どうなった?便秘は解消したの?

最近は調子が良いみたい。

と、こんな会話がきっかけで、「ヨーグルトメーカー」の存在を知ったわけです。

 

いくらしたの?

3,000円位だったかなぁ~。

1万円以上はすると思ったので、3,000円位で市販のヨーグルトが簡単に作れちゃうと知ってちょっと驚き。それと同時に、何だか興味が湧いてきたのです。

 

市販のヨーグルトなら、何でも作れちゃうの?

スーパーで、1リットルの牛乳と作りたいヨーグルトを買ってきて、そのヨーグルトを牛乳に掻き混ぜ、ヨーグルトメーカーの温度と時間を設定してスイッチON。あとは出来上がりを待つだけ。簡単でしょ!

 

バナナやキウイといった果物に、このヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトをかけて食べてみたのですが、なかなかの美味。ヨーグルトは嫌いではないし、果物も好きなので、何杯でもお代わりできそう…

このような、帰省翌日の姉との何気ない会話がきっかけで、ヨーグルトメーカーに惹かれていったのです。

本当に市販のヨーグルトと全く同じものが出来るかどうかはちょっと疑問でしたが(詳細は、こちら)、健康オタクの私としては、スーパーで売っているヨーグルト、しかもいろんな種類のものを食べたいという思いがあったので、自宅に戻ってくると、早速、ヨーグルトメーカーを購入してしまいました。

(アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014)

既に、いろんなメーカーから、ヨーグルトメーカーが販売されているようですが、購入したのは、アイリスオーヤマIYM-014という製品。

アイリスオーヤマの製品にした理由は、特にありません。実家がアイリスオーヤマのものを使っていたからと、アイリスオーヤマなら有名だから安心だろうという、それだけの理由です。

 

ヨーグルトの作り方

大まかな流れを掴むためにも、まず、次の動画(飲むヨーグルトの作り方)をご覧ください。

 

我が家でも実際にヨーグルト作ってみました。

ヨーグルトの容器は、

  • 製品に付属の容器(900mL)を利用する
  • 市販の牛乳パックをそのまま利用する

の2通りがあります。市販の牛乳パックを利用するのが便利だと思いますが、使用する牛乳は、種類別の欄に「牛乳」と記載してあるものを使用します。

低温殺菌牛乳・乳飲料・加工乳などはヨーグルト作りに適していません。

また、雑菌が入るとヨーグルトをうまく作ることが出来ません。容器や蓋は必ず熱湯消毒します。また、手をよく洗い、容器や内側の材料に触れないようにします。

下の写真のようにヨーグルトをスターターとする時は、牛乳とヨーグルトを9:1の割合で入れます(例:牛乳900mLに対してヨーグルト100gなど)。

 

その後、付属の撹拌容器で牛乳とよく混ぜ合わせ蓋をします(蓋は、付属の牛乳パック用クリップが使用できます)。

 

牛乳パックを本体にいれ、本体のフタをします。

 

温度と時間を設定して、スタートボタンを押せば、設定完了。後は、設定した時間が経過するまで待ちます。

 

アイリスオーヤマの公式サイトには、ヨーグルトだけでなく、麹やその他の発酵食品(納豆・梅シロップなど)のレシピが掲載されています。

いろんな発酵食品作りにチャレンジしてみるのも面白いですね。

 

同じヨーグルトが作れるのか?

ここまで、「市販のヨーグルトが自宅で簡単に作れる!」と書いてしまいましたが、「本当に同じものが作れるの?」という素朴な疑問が湧いてきます。

代表的なヨーグルトとして、R-1LG21PA-3などがあります。これら乳酸菌の効果を調べてみると、

R-1:免疫力が高まり風邪をひきにくくなる。

LG21:ピロリ菌の活動を抑制する効果のあることが確認されている。

PA-3:プリン体を効率的に分解したり、吸収したりできる乳酸菌。

といった効果があるようですが、本当に同じものが簡単に自宅で作れたら、こんなに美味しい話はありません。

R-1、LG21、PA-3はいずれも明治が販売しているヨーグルトですが、明治の公式サイトを確認していたら、次のような説明がありました。

R-1:
プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできます。

ただし、プロビオヨーグルトR-1の特徴である1073R-1乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なります。
一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。

そのため、当社で生産しているプロビオヨーグルトR-1をお召し上がりいただくことをおすすめします。

引用先:明治の公式サイト

LG21:
プロビオヨーグルトLG21には、他の乳酸菌が含まれていますので、ヨーグルトを作ることはできます。
ただし、LG21乳酸菌は、空気(酸素)に弱いため培養が難しく、一般家庭では同じヨーグルトを作ることはできません。

引用先:明治の公式サイト

では、他のヨーグルトはどうでしょう?